勤怠管理システムでの休暇管理

勤怠管理では従業員の休暇管理も大事です。



従業員は決められた日数休む権利がありますが、残業や休日出勤、有給消化なしなど問題が多々発生しやすい分野でもあります。
そこで企業では従業員の休日を管理し、有給消化に努めていることが多くなっています。

勤怠管理システムではリアルタイムに勤怠情報が確認できますが、締め日での休日チェックをする企業が増えています。
従業員が休日を取りづらい雰囲気があると考えている企業の中には勤怠管理システムに休日を取りやすくする仕組みを搭載する場合が多くなっています。勤怠管理システムでの休日関連の機能としては休日申請ができる仕組みが好評を得ています。

休日申請は紙で申請されることが多いのですが、勤怠管理システムで休日申請をすることができるようになって有給消化率が上がったとする企業も多いようです。

勤怠管理システムでの休日申請機能はいつでも出せるのですが、システム側から休日をとるように促す仕組みも好評です。自動で有給を付与する仕組みは従業員にとってもシステムから設定されたということ休日が取りやすいと好評ですし、企業側としても有給を消化してもらえるので利点が多い仕組みです。

また、残業が多いという企業では残業申請機能も追加することが多いです。

BIGLOBEニュースを利用するなら此方のサイトです。

残業は出来る限りして欲しくないこともあり、残業申請がなければタイムレコーダー機能が時間で動く機能については従業員にしても残業をしない理由ができたと好評です。