勤怠管理システムの機能について

勤怠管理システムではさまざまな機能が搭載されていますが、ユニークな機能としては残業申請や休日申請機能があります。

従来の勤怠管理システムでは搭載されることがなかった各種申請機能ですが、勤怠管理を効率的に行うために導入する企業が増えています。



特に各種申請を紙で行っていた企業にとっては手間を減らせ、また、従業員からの申請をし易い雰囲気を作ることもできるので好評です。


勤怠管理システムでの各種申請機能は社内の基盤システムとの連携も行ったり、勤怠情報と連携することで有給休暇の消化にも功を奏しています。
有給休暇申請については申請せずにそのままにしている従業員も少なくありませんが、出来る限り消化してもらいたい企業によっては自動で有給休暇を付与する機能も利用が進んでいます。
有給休暇が付与される機能は本人や上司にも通知が届く機能です。
有給休暇を取りづらい部署等の場合も企業側から設定されることでとりやすくなると好評です。



また、自分の勤怠情報をいつでも確認できることから残業についても申請手続を必要とする企業が増えています。

Girls Channelについて真剣に考えてみました。

残業時間については上限を設けたり、残業をしないことを前提に自動で退社時間を設定する機能も有効です。


退社時間が設定されることで残業をせずに帰宅する理由となりますし、ICカードなどで勤怠管理をすることでサービス残業をできない仕組みを導入している企業も増えています。勤怠管理システムには適切な勤怠管理のための仕組みは多数搭載されてきています。